「決済代行」ってどういうサービスなの?

現代の社会では様々なビジネスが成立するようになりました。

ある新しいビジネスが生まれればそれに付随するビジネスがうまれ、そしてその新たに生まれたビジネスも次なる新しいビジネスを生み出します。

そうした社会の中でビジネスを成功させていくには、チャンスを見逃さないということはもちろん、すでに抱えている事業をどのようにして効率化していくのかということも非常に重要になります。

ところで、ビジネスの核ともいえるのが「代金の支払い」です。EC(Eコマース、インターネットによる通信販売)市場が右肩上がりの成長を続けていく中で、欠かせないサービスとして注目を集めているのが「決済代行」です。「収納代行」や「集金代行」と呼ばれることもありますが、決済代行がどういったものであり、またどういったメリットがあるのかという点について、このサイトで解説していきます。

まずこれはどういったものなのかということについてですが、これはその名の通り「決済業務を代行するサービス」ということになります。消費者に対して商品を販売し、その代金を受け取るというような業務はありふれたものですが、決済代行サービスはまさにこのステップを代行し、完了させてくれることとなります。詳しい仕組みは別ページでお話ししましょう。

それでは次にどういったメリットがあるのかということですが、基本的に決済代行業務は店舗を運営しており、消費者が直接店舗を訪問して取引をするというような場合にはさほど重要にはなりません。店舗では、基本的に消費者と取引が行われた段階で決済が完了することになるからです。

しかし、最近では、インターネットを利用した「通信販売」などが一般的に行われるようになりました。通信販売では、事業者と消費者が直接顔を合わせるということはありません。これまでは郵便振替、定額小為替、銀行振り込みといったような方法で決済が行われてきていたのですが、決済代行はこれらの振り込み確認や、支払いの督促業務などを代行してくれることになります。また業者によってはコンビニ払いなど、個人では対応しづらいような支払い方法にも対応をしてくれることとなっています。

多様な支払い方が選択できるということは、消費者にとっては非常に大きなメリットとなりますから、多くの顧客を相手にしたい事業者にとって、決済代行サービスの価値は非常に高いと言えるのです。

新たにインターネットショップを立ち上げるというような際には、金融機関など、決済窓口となる事業者の契約をしなくてはならないということも少なくありませんが、こうした決済代行サービスを利用するのであれば、基本的にはそのサービスの事業者と契約をするだけで、決済窓口となる事業者との契約は不要になります。

このサービスには様々なメリットがありますから、より広い範囲で事業を行っていきたいというような場合には利用を検討する価値があるのです。